おすすめのポップ立ての使い方とは

お店のスタッフが説明や宣伝をする事なく、商品のアピールポイントを効果的に伝えられるなどから、POPは販促を行う時には欠かせない存在になっています。POPと言っても色々な種類があるため、その種類を把握しておくのがお勧めです。例えば、プライスPOPなどの場合は、商品が安い事やお勧め商品などを伝えたい時に利用するのが一般的です。お店に訪れるお客さんにとって、プライスPOPがあるだけでお得な商品がある、お店がお勧めしている商品であるなどが視覚で分かるメリットを持っています。風で自然に動くのがスイングPOPの特徴で、動くものに目が言ってしまうなどから、お客さんの目を引きやすく、宣伝を記憶に刻めるなどのメリットを持ちます。スタンドPOPはポップ立てを使うタイプで、スイングPOPのような動きはありませんが、商品価値や特徴などを訴求出来るPOPです。

スタンドPOPを取り入れるメリットとは

お店の中には色々な商品が並んでいるわけですが、売り場の中でも目に付きやすい場所にポップ立てを利用する事が基本です。売り場の中に1つだけスタンドPOPがあるだけでも、売り場の存在感を高める効果を得る事が出着ます。仮に、厚紙などに印刷を施したシンプルなものでも、置いてあるだけで存在感を高める事が出来るなど販促効果を期待出来ます。スタンドPOPはシンプルなものだけでなく、厚紙を商品の形状にくり抜いて利用する、好みの形に作れるなどの魅力もあるため、売り場に華やかさを取り入れたディスプレイが出来るメリットもあります。様々な使い道があるのがスタンドPOPの魅力でもあり、POPの中では柔軟性が高い販促品と言えましょう。また、販促内容を印刷するだけで良いのでコスト面でも安く作れるメリットもあります。

商品への注目度を高め特徴を伝える

スタンドPOPには商品への注目度を高める効果があると同時に、商品の特徴をお客さんに伝える事が出来る販促品などの特徴があります。スイングPOPのような動きはなくても、ポップ立てに厚紙を使って宣伝するだけで、お店の売り場の中での注目を集めやすくしてくれます。厚い用紙に宣伝したい文章やキャッチフレーズを印刷するだけで使える、形を自由に変える事が出来る、デザインで注目を集める事が出来るのもスタンドPOPの特徴です。ポップ立ての中でも三角柱や箱型などの場合は、より多くの情報を記載出来るメリットがあります。厚紙に印刷を行う場合には、情報を掲載出来る場所は1面のみ、しかし三角柱の場合は3倍の情報量を持たせる事が出来ます。さらに、箱型の場合はその情報量が見えている部分だけで5倍になるメリットもあります。