見栄えの良いポップ立ての特徴とは

ポップ立てにはいろいろな種類があり、状況に応じて使い方も様々です。選択肢が多ければそれほど目的にかなった商品を揃えることができます。店舗の雰囲気やアピールしたい部分をよく考え、その場に合ったデザインのものを選ぶことが大切です。目的に合ったスタンドの種類や特徴を理解することで、効果的な使い方ができるようになります。雰囲気やデザインで選ぶだけでなく、飾った時の効果を考え、見栄えと人目を引くポイントをつかむことが大事になります。特長のあるスタンドは屋内外の使用に関わらず、印刷物の邪魔をしないようなデザインに工夫されています。店舗の入口や店内の雰囲気に合わせることができる効果的なスタンドを選ぶことが、店舗や会社のイメージアップにもつながります。

目的に合わせたスタンドの選び方について

店舗などの入口に飾られるポップ立ては、サイズも大きく作成する印刷物も大型のものになります。メニューなどを大型の印刷機などで作成し、パネルに挟んだり、粘着式のパネルに貼りつけたりして、スタンドのフレームにはめ込んだり載せるようにして飾るものが一般的です。店内では、例えばレストランなどのメニューを掲示できる、比較的小型のものが場所をとらず便利に扱えます。このサイズのタイプは通常のプリンターで印刷したものを、ラミネート加工して飾ります。卓上やショーケースなど、限られたスペースでもわかりやすく商品説明などを掲示したい場合は、小型スタンドのタイプが使用できます。主に小さなサイズの用紙をするため、フレームは必要なく、クリップでとめたり細いワイヤーで吊るすタイプのものもあります。

見栄えにこだわるスタンド選びと飾り方

ポップを目立つように立てるスタンドには、必要なアクセサリーがセットされています。クリップやパネルにしても掲示物が目立つようなシンプルなデザインになっており、内容に影響を与えにくくなっています。ポップやポスターなどの掲示物の見栄えを中心に考えると、傾斜式やスタンドに立てかけるタイプなど、少ない面積を広く見せることが可能になるので、外部へのアピールにも効果が期待できます。通常みられるデザインのスタンド以外に、壁や室内パーティションを利用したスタイルの商品もあり、設置場所や方法が限られる分、目的が合えば非常に見栄えのよいスタイルで飾ることもできます。電飾系のものであれば夜間での使用もできますし、部屋の光度を下げてさらに店内のイメージに合わせた装飾にもなります。